スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平智之氏「五千億円で日本中の使用済み核廃棄物を50年間貯蔵できる」


禁原発を訴えて衆院選に立候補した平智之氏は残念なことに当選は叶いませんでした。
しかし議員でないからこそできる活動があるはず!
平氏の知識と倫理観を、原発のない日本を実現するために発揮して頂くことを、私は期待します。

その平氏のお話の動画がありました。
大変興味深く、できるだけ沢山の人たちに聞いていただきたいのでご紹介します。

魂の関ヶ原2 平安京の陣「禁原発のススメ」安富歩氏とのトークセッション

部分的に書き出しします。

~~*~~*~~*~~*

(5分28秒)
今(安富氏が)仰った「狡い」という言葉づかいが、日本の政治の、それが制度になっていると仰ったのは、まさに括目すべきことであって、重く受け止めなければならないと思います。
全員がお互いに狡くなって、お互いに狡い中で、税金の使い道や補助金のあり方などを、私たち全員である意味同罪になりながら、この国の未来を見ないまま動いているという状況になっているんですよ。
本当に私も国会議員としてそう思わざるを得ないんですね。

それは、私が禁原発法を作っているということを言ったと思いますが、「あなたは間違えている」と言われてしまったんです。
勿論、原理主義的に捉えられたらそうなるんですけど、その時に言われる言葉が、「最終処分を考えていないだろう」と。
「今生み出した使用済み核燃料の処分の仕方もわからないで、突然止めるなんて言っちゃだめだ」と。
このような感覚というのは、狡い制度の上に生きて来た方の習性だと、私は思えて仕方がないです。

一つ申しますと、青森県の陸奥にある、五千トンの使用済み燃料を貯蔵できる施設であります。まだ稼働してませんけど。
その五千トンの使用済み燃料を貯蔵することができる施設の建設費を、この前、設置許可書で調べましたら一千億です。
今日本中にある使用済み燃料は合計で約二万五千トンです。
つまり、一千億の施設が五つあると日本中の使用済み燃料は一旦貯蔵できるということです。
五千億です。言われている金額より遥かに低いんです。

そして一旦貯蔵したら、(ペットボトルを示して)こういう四メートル数十センチのものを金属のキャスクに入れるのですけれども、290体くらいまとめてずうっと入れるわけですけど、これが半世紀持つんです。五十年、そのまんま持ちます。

私が今禁原発法で考えていることは、使用済み燃料を全部、浜岡も大飯も全部です、すべての炉内にある、プールにある燃料を、全部一旦金属の乾式キャスクに移して、半世紀、責任を持って保管していくということです。
そうすると五千億です。

それから、それで空になった炉を、そうしたらもう津波が来ても大丈夫です、空になった炉をどうするかですが、石棺にする方法と、バラバラにして何処かに埋めてしまう方法と二種類あるけれども、それにしても一基あたりは数百億なんです。そうすると全体で計算すると、二兆かからないです。

皆さん、ここをよく聞いておいてください。
最終処分に膨大な何十兆というお金がかかるという話を聞かされていませんか。
物凄く狡い話をしているんです。ゴミを出している人たちが、物凄く高い値段になるという、自ら請求書を書いている。だからこのゴミを片付けるのダメだから、またゴミを作らせてくれと言っている。
全く意味不明な論理を、しかも私たちは聞かされて「そうかもしらん」と思わされている状況です。
これはある種の、論理破たんしたままでお互いを信じあう洗脳に近い状況でありますけれども、重ねて言います。そんなにお金はかからないです。


あと幾つか数字をいいますけども、私たちこの国の国民は、2000年から一年間に三千万から四千万を電気代に入れて、お金を積み上げさせられています。物凄いお金を電気代で払っています。それが今回調べてわかりました。
たとえば、最終処分法という法律があります。その処分法で拠出したお金は一兆円あります。二千年からですよ。

それからもう一つ、再処理のためのお金、これが今転換センターというところに積み上がってますが、二兆六千億あるんですよ。
加えて、原子炉を廃炉にするための、設備を廃炉にするための引当金が電力会社にあります。これ1.6兆円もある。合わせて5.数兆円、5.2兆円かな、このお金が、原発の最後を締める為のお金としてもう、ありますから。さっき私が言った二兆円より遥かに多いでしょう。

お金がない大変なことになる、だからダメだというのは間違いです。私たち国民は既に十分のお金を蓄えて、今直ちに廃炉に入っても、技術的にも金額的にも、経済に負担を与えず処分する事ができるということを、ここでお伝えしておきたいと思います。
大変狡い論理の目で、我々が怖がって即廃炉ができないと思わされているだけですから、そこはどうか信じていただきたいと思います。

~~*~~*~~*~~*

以上、ほんの一部を書き出しました。ぜひ、動画を最後までご覧ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいとま

Author:きいとま
アメブロより引越してまいりました。
それに伴い、名前も きいろとまと から きいとま へ変更いたしました。
きいろとまと では「長い!」とのご指摘を受けましたのでw
改めて、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。