スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬市は子どもたちを歌わせ、留まらせ 利用する

こんな歌があるのを知った。

福島から伝えたい

「南相馬市の小学校の子どもたちがつづった詩」をもとに作った曲だそうだ。
サビの部分がすごい。

ああ はなれない はなれられない 福島を守りたいから
ああ はなれない はなれられない 福島が大好きだから
僕たちは生きていく 絆がある 前へ進もう

これはもはや呪いの域じゃないか。
こんな歌を歌わされた子どもは、福島で生きることを自らの意志で選んだと思わされてしまう。

そして南相馬市といえば

市民のみならず世界中の人々の健康の確保、環境の保全等の観点から、徹底した環境放射能に関する研究が必要

環境における放射能の挙動と放射線レベルの解明及びそれらによる被ばく線量の評価法の開発並びに低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の機構の解明及びそのリスクの評価に関する研究を強力に推進していく環境を整えます。
と、自ら宣言した市だ。
新たな発想による事業事例の研究について
モルモットは他ならぬ市民。
子どもに「福島から離れられない」と歌わせ、とどまらせ、利用する。
人が人に対してこれだけ残酷になれるのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

きいとま

Author:きいとま
アメブロより引越してまいりました。
それに伴い、名前も きいろとまと から きいとま へ変更いたしました。
きいろとまと では「長い!」とのご指摘を受けましたのでw
改めて、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。