スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力規制委人事案を通してはいけない。杉原浩司氏のお話書き出し

原子力規制委人事の危なさを訴える杉原浩司氏の話を一部書き出しました。
インタビュアーは岩上保身氏。

120818全国再稼働反対アクション杉原氏&FoE Japan吉田氏インタビュー
(杉原)この人事案というのは、原子力村の大逆襲というか大復活、しかも最低五年は推進ということで牛耳るっていうね、そのやっぱり、福島瑞穂さんは宣戦布告だという言い方をしましたが正しくそうで、やっぱり3・11以降ね、いろんな人たちが疑問を持って声を上げて、インターネットを使いながら、デモをしながら、ロビーをしながらやってきた、その力によって、五月五日にはゼロが実現して二ヶ月近くは、そういう実績を得て、いまだにニ基、大飯のニ基だけしか動かしていないですよね。今後の展望もそんなに簡単ではない。ここまで追い込んで来ている。それに対するやっぱり原子力村の回答が、この五人の人事案なんですよ。
ということは、一見すると、どうしてこんな酷いものを出してきたんだって思うんですけども、それは、おそらく原子力村の考えていることは、それぐらいの批判を受けてもやっぱりここの人事を獲って、もう一回復活するんだって、そこの意志の強さ意志の現れなんですよ。

(岩上)それは間違いじゃなくて、戦略的に十分考えて春からの議論の段階から、よし、此の手行こうぜっていう考えあっての話

(杉原)それともう一つだけ補足したいのは、環境省前でもちょっとだけ喋ったんですが、この田中俊一さんて人はどうしようもない人で、ミツタさんたちも話されたと思いますけど、原子力損害賠償紛争審査会で、ノウミ委員長がね、既に結論は決まって、非常に額も小さいし問題ありましたけども、自主避難者に賠償すると、残る人にも賠償すると、いうことを決めて、その後で、メモを読み上げてね、賠償には私は反対ですというメモを読み上げるっていう、あの姿がもう、僕からみれば終わっている人なんですよ。こんな人をもう、委員である資格もないし、正しく反省してない、こんな人を出してきた。

(岩上)何故彼はですね、自分の懐を痛める訳でもない訳じゃないですか、そして、苦しんでる人が現実にいる、現実的に言ってその人たちには申し訳ないけれども原発を推進したいんだていうんならまだわかるんですけども、原発推進して現に事故が起こって泣いている人がいる、泣いている人に金払うんじゃないよっていうことを、敢えてわざわざいう、払わなくていいんだそいつらにはって。こんなことをいう意味とかですね、思考回路がわからない。どんな理屈で彼は・・

(杉原)理屈じゃなくて彼は利権なんです。
彼は、いろいろなところで話してたりパワーポイントで出してるのは、賠償金を減らす為にも除染をやろうという言い方を、平気でするわけですよ。そこでほとんどもう、はっきりしている。

(岩上)原子力村にとって、利益代弁人としてお金を損したくない、原発サイドがダメージを、ダメージっていうかな、ダメージというベキではないと本来思いますけど、損をすることはやめよう、一円でもケチろうと

(杉原)それとね、はっきり言えば、極論かもしれないですけど、班目さんより酷い班目さん以下なんですよ。あの班目さん出鱈目さんより酷い。
それは、班目さんは酷かったですが、最後の最後で、二次評価が必要だってことで突っ張った。あれが、政府は予想外、ストレステストの問題でね、それなしでは安全性は自分たちは認めないってことを、最後まで突っ張った。それが、政府は予想外で、班目問題という言い方をでね、再稼働を遅らせたんですよ。それと、四月以降については審査はしない、自分たちはもう資格がないんだと、いうことで、伊方以降の審査をやめたんです。まあギリギリそれくらいのプライドは彼にはあったんです。抵抗を示した、消極的かもしれないけど示した。
でも、田中さんは、そういう班目問題のような問題をを発生させないっていう前提で人選をされてる訳だから、しかも権限は、班目さんより強大だっていうことですよね。っていうことはもう、本当に最低最悪の人事案であって、やっぱりここの人事案を撤回させるかどうかってことは3・11以降の脱原発の運動のね、私たち全体に対する回答だから、絶対跳ね返さなきゃいけないってことを、観てる方に改めて知ってもらいたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいとま

Author:きいとま
アメブロより引越してまいりました。
それに伴い、名前も きいろとまと から きいとま へ変更いたしました。
きいろとまと では「長い!」とのご指摘を受けましたのでw
改めて、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。