スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府、大飯原発に祈祷師200人を派遣へ(by虚構新聞)

霞が関駅のドトールで軽く腹ごしらえなう。
虚構新聞の記事(w)が気に入ったので思わずご紹介。

政府、大飯原発に祈祷師200人を派遣へ
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼動をめぐり、政府は12日、全国から有力な祈祷師200余人を招集し、大飯原発に派遣する方針であることを明らかにした。政府では大飯原発の安全性は十分に確保されているとしながらも、そもそもの原因となる地震などの天災を制御することはできず、結局は「困った時の神頼み」を露見させた格好だ。
 政府関係者が取材に対して明らかにした。野田佳彦首相は8日、記者会見を行い、大飯原発再稼動の必要性を訴えた。この中で首相は「今夏の電力不足を回避するためにも、(大飯原発の)再稼動は必要不可欠と判断した」と話すとともに、「万が一全電源が喪失した場合でも、福島のように原子炉の炉心が溶融する事態は起きない」と明言した。
 だが一方で、大飯原発には安全対策として重要視されているベント設備や免震重要棟などの設備が整っておらず、国際的な安全基準に則ってまだまだ安全であるとは言えないという指摘もある。
 そこで政府は12日、大飯原発が再稼動を始める7月に向け、全国から有力な祈祷師200余人を呼び集め、おおい町に配置する方針を打ち出した。「仮に安全対策が不十分であったとしても、原因となる大規模地震が起こらなければ万事問題ない」(政府関係者)との考えから、招集した祈祷師をおおい町とその周辺の活断層に沿うかたちで配置。24時間体制で護摩をたき、地鎮のための加持祈祷を行う。また、万が一放射性物質が飛散するような事態になっても、被害を最小限に抑えるため、おおい町全域に広域結界を張り巡らせる。
 祈祷の有効性・実効性について、政府関係者は「神のみぞ知る」として、再稼動前からすでに事故責任の所在を神になすりつけており、原発が文字通り「安全神話」でしかなかったことを改めて裏付けたかたちだ。


いい考えだ!
大飯原発はとっても安全ではあるものの、万万が一の心配に備えて特別な監視体制をとる。
すなわち経産副大臣らを現地に常駐させるらしい。
しかし想い起こしてみれば、この国は八百万の神のおわす国だ。
政治家なんぞをを送るより、祈祷師200人の方がよっぽど意味あるわ。
元寇の時だって、加持祈祷で国を守ったじゃないか。
多くの日本人がうっかり忘れていたことを、野田政権はこの重要局面でサッと取り出して来た。
すばらしす。

なんちて。
さて、そろそろ出るか。
今から首相官邸前抗議へ出かけます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

めぐも向かってまふ~

あ~化粧する時間がないっ!w
地下鉄乗った~。きいとまたんに会えるか分からんがw
遭遇できないくらい人が集まってるといいのん。

帰宅途中なう

めぐ様
ミニスカのめぐ姉さんに会いたかったですが、11000人も集まっては、会えなくても無理ありませんね。
ずっと1000人ちょっとだったのが、先週は4000人、そして今日は11000人と、飛躍的に増えています。
平日にこれだけの人が集まることの意味を、政府は受け止めるべきです。

No title

トラックバックよろしくお願いします。
プロフィール

きいとま

Author:きいとま
アメブロより引越してまいりました。
それに伴い、名前も きいろとまと から きいとま へ変更いたしました。
きいろとまと では「長い!」とのご指摘を受けましたのでw
改めて、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。