スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電、電力供給計画「未定」

_東電、電力供給計画「未定」

東電、電力供給計画「未定」で提出


 東京電力は、今後10年間の電力の需要と供給力の見通しを「未定」とする電力供給計画を経済産業省に提出したと発表しました。

 電力供給計画は、電気事業者が10年間の電力の需要と供給力の見通しを示すもので、各年度末に国への提出が義務づけられています。

 東京電力は今回提出した供給計画の中で、需要と供給力をともに「未定」と記していて、その理由については、「節電の効果や原発の再稼働時期が見極められないためだ」と説明しています。

 東電は今後、これらの見通しが立った時点で計画を修正する方針で、国内12の電力会社のうち、原発を保有しない沖縄電力を除く11社の供給計画が全て「未定」という異例の形で出揃いました。(30日23:08)


恫喝もここまできたか。

もはや宣戦布告。

あなたたちはテロリストだ。

あなたたちは企業として存在してはならない。

スポンサーサイト

海外の子どもたちにまで「食べて応援」強制するなボケ

食糧支援で風評被害解消 被災地の缶詰を途上国に

食料支援で風評被害解消 被災地の缶詰を途上国に

2012.3.30 07:54

 政府は、東日本大震災の被災地で製造された水産加工品を発展途上国の人々に食べてもらうため、国連機関の世界食糧計画(WFP)と政府開発援助(ODA)に関する書簡を交換した。食料支援を通じ、被災地の水産業振興と風評被害の解消につなげるのが狙いだ。

 政府が平成23年度第3次補正予算に計上した10億円を元手に、WFPが青森、岩手、茨城、千葉の4県の水産加工場で製造されたイワシやサバなどの水煮の缶詰を調達。カンボジアなど5カ国で学校給食などに役立ててもらう。加藤敏幸外務政務官は書簡交換の式典で、「甚大な被害を受けた被災地の水産加工企業は、操業の全面再開に向け努力している」と強調した。

 このODAをめぐっては、東京電力福島第1原発事故の影響を懸念する一部の市民団体などが反発。外務省幹部は「放射線量を検査し、安全性に問題がないものを輸出することで、海外に根強い風評被害の打破を図りたい」と説明している。

「風評被害を打破したい」!?

それなら正々堂々と輸出して買ってもらったらええやん!

「援助」とかおためごかし言うなボケ!


「放射線量を検査」した?

まさか缶詰の周りの空間線量測って「安全です」とか言ってるんじゃあるまいな!


全く恥ずかしい国だよ!


発掘♪

キッチンの乾物ストッカーから、干し椎茸を発見


photo:01



消費期限は2009年!


photo:02



ストッカーの奥で、今日までよくぞ無事でいてくれた。

有効に頂こう(*^▽^*)



iPhoneからの投稿

南相馬ふるさと復興・駅伝マラソン

奉納(ほうのう)とは、氏子 ・檀家 が神仏を敬い、また鎮め愉しませる目的のため、人々にとって「価値のあるもの」を供物 として神仏(お墓なども含む)に捧げる宗教的な行為のことをいう。

解説

奉納に用いられる対象は、必ずしも食物や酒、金銭や宝物などといった「物質」を納めることにかぎらず、一般的にはむしろ神楽 や謡曲 、踊りや武芸 、山車 または神輿 などの練り や巡業 といった「行為」で捧げることも多い。

また古来においては、「生贄 」や「人柱 」などといった風習も残酷ではあるが、これもまた奉納のひとつの姿であるといえる。

主な奉納の例としては、絵馬 や算額などの他に、歌手 や音楽家 などが歌 や楽曲演奏を実演し、神仏に捧げる例も見られる。

wikiより


子どもを被曝から守れ!との声も空しく、南相馬ふるさと復興駅伝・マラソン大会

は実行されてしまった。

本当に残念だし、何より子どもたちの今後が心配だ。

コースの放射線量は5~25μSv/hとのこと。こんな中を小中学校生に走らせるのだから、まさに死のマラソンだ。


主催者であるNPO法人ふるさと復興・絆協議会にも、わが子を参加させる親たちにも、山ほど言いたいことはあるけど、たくさんの人たちが既に語られているので、それは置いておく。


復興を祈ってマラソン??

どうしてそっちの方向へ行ってしまうのか、私にはわからなかった。

子どもが走ることが、なんで復興になるねん!

でも、これってなんとなく既視感がある、どこかで私はこれに似たことを知っている、それはかなりDNAレベルの根源的な何かだ。

なんだろう。


と考えていて、

そうだ!神への奉納だ!

と気が付いた。

荒ぶる神に少年少女のマラソンを奉納して、怒りを鎮めてもらう。


主催者にも参加者にも、そんなつもりはないだろうけどね。

走って放射能がなくならないのはもちろんだ。




「TPPはビートルズだ」byポール野田佳彦マッカートニー

時事通信 3月24日(土)18時4分配信

「環太平洋連携協定(TPP)はビートルズだ」。野田佳彦首相は24日の都内での講演でTPP交渉参加を検討している日本の立場を、英人気ロックバンドのメンバーに例えて説明、政府の方針に理解を求めた。
首相は「日本はポール・マッカートニーだ、ポールのいないビートルズはあり得ない」と強調。その上で「米国はジョン・レノンだ。この2人がきちっとハーモニーしなければいけない」と述べ、日本の交渉参加への決意を重ねて示した。

すいません、全く意味がわかりません。

あんまりびっくりしたのでエントリーしちゃいました。


「大丈夫です」


今どきの言葉についていけない。


今日、ショッピングモールを歩いていて、一軒の靴屋の店先に置いてあったレインブーツが目にとまった。

私は若い店員さんに声をかけて、私に合うサイズを出してもらって試履きしてみたけど、残念ながらその靴は私の足の骨格には合わないようだった。


私「あ~、ごめんなさい、合わないみたい」

店員「大丈夫ですか」


大丈夫ですか??

足に合わない靴を履いてどこか痛くしやしなかったかと心配してくれた・・・?のではない。

それはその場にいた人間なら話し方や態度でわかる。

彼女は、「ダメですか」「Noですか」の意味で「大丈夫ですか」と言ったんだ。


否定の言葉を発することによる摩擦が怖い。

できるなら否定したくない。

そういう心理なんだろうな。


「結構です」「いいです」だって、こういういきさつで「NO」を意味する言葉として市民権を得るようになってきたんだろう。

そこに、新たに「大丈夫です」が加わったてのか。


う~ん・・・

今日まで気づかなかったよ。







これでも「食べて応援」と言うか

日本政府はIAEAの食物汚染地域の定義に異議を唱えていた

IAEAは、重大事故の場合、原発から300キロ圏内で食物摂取規制を行うべきである、とする安全基準の草案を作成した。

それに日本が抗議して、具体的な距離の数字を削除させた。

と、いうことだ。(;°皿°)


狭い日本で、300キロ圏内の食べ物がダメっていわれたら、原発やるの無理!

だから具体的な数字は削除させて基準を骨抜きにしよう!

と、まあいつものことではあるけれども。


EX-SKF-JPさんも指摘されている通り、日本政府がやったのは、食物の出荷規制どころか「食べて応援」キャンペーンだ。

何度でも言うけど、狂っている。

除染という言葉の定義

雑誌SIGHTWINTER号のなかで、山下知也氏が「除染」という言葉について語っています。


除染は意味がある、意味がないというお話をするときには、まず「除染」という言葉の定義をしないといけないと思います。

普通、除染が問題になるのは、たとえば放射線を扱っている施設の中で、ある作業者が誤って、放射線、あるいは放射能を帯びた水をかぶってしまった。

そうしたら、急いでシャワー室に連れて行って、水や、場合によっては温水や洗剤でごしごし洗って、皮膚に汚染が残らないようにする。

そして洗った水を全部流してしまう。

これが除染ですよね。

基本的に、除染はもとの状態に戻すということなんです、

そして、今回の事故が起こる前までは、除染という言葉の対象は、もっぱら人だったんですね。


ああ、やっぱり。

環境の除染なんて発想はそもそも無かったんだ。

そりゃそうだよ。


じゃあ、政府が言ってる「除染」なる言葉は、「冷温停止状態」級の、笑うしかないインチキ語ってことだ。

電気新聞の反撃

電気新聞なる業界紙があるのを知った。
その電気新聞が、福島原発に菅直人前総理が乗り込んで東電社員らを怒鳴りつけた際に官邸側の指示で録音を止めさせたと書いている。
東電本店乗り込み時、菅氏怒声の録音停止指示か
内輪の日誌みたいな新聞だから気を許しちゃって言いたいこと言っちゃって。
本当にそうだったら、もう少し大きな舞台で言ったら、もっと大勢の人に伝わるのにな。
てか、反撃するほどのことかしら?

インドが気になる

福島第一原発の爆発を純粋な化学反応によるもので、原子力にかかわる緊急事態ではない擁護(?)したインド原子力庁高官( ̄_ ̄ i)


原子力の事故ではなく、周到に計算された演習プログラムと言ったインド原子力発電公社会長( ̄Д ̄;;

(そのくせ、福島原発事故の体験を語るためにインドを訪問する予定だった日本人女性のビザを、インド政府が取り消したとか。話してもらったっていいじゃん演習なんだから)


気持ち良いほどの堂々とした嘘つきぶりだねえ。

って笑ってちゃだめだよ、日本国内にこそ大嘘がまかり通ってるんだから。



湯河原紀行

この一年はずーーっと気分がふさぎっぱなしですが、たまには何もかも忘れてみたい!との思いから、夫と二人で湯河原へ2泊3日で出かけてきました。



湯河原梅林の花はおおむね5分咲き。


紅梅が満開になったら、紅天女の里みたいだろうなあ。


photo:01




小田原城の一角にある報徳二宮神社は二宮尊徳さんを祀った神社。

photo:04




小学校の校庭で見慣れた姿とは違うお姿。

photo:02



経済なき道徳は戯言であり 道徳なき経済は犯罪である

との言葉にグサリ。
ガンジーみたい。
あのムラ人たちを叱ってやってください。尊徳さま。
photo:03







iPhoneからの投稿

「さいたさいたセシウムがさいた」はNGなんだって

「セシウムさいた」で講演 埼玉県教組の集会 批判受け表題変更

2012.3.8 00:11 不祥事

 埼玉県教職員組合などが10日にさいたま市内で開く集会で、「さいたさいたセシウムがさいた」と題した米国出身の詩人による講演を計画していたことが7日、分かった。

 演題は、講演を行う中原中也賞詩人のアーサー・ビナード氏の発案。同教組などは同氏の意向をそのままくみ、参加を呼びかけるビラを配布した。

 副題は「3・11後の安心をどうつくり出すか」で、東電福島第1原発事故に伴う放射性セシウムを指しているのは明らか。数日前からインターネットの掲示板などで「被災者の気持ちを逆なでしている」「この表題をなんとも思わない教師が教壇に立っているのか」との批判が相次いでいた。

 批判が殺到したことから主催者側は7日、表題の変更を決めた。ただ講演は予定通り行い、ビラの回収は物理的に「できない」としている。

 セシウムをめぐっては東海テレビが昨年8月、情報番組で岩手県産米のプレゼント当選者を「セシウムさん」と表示したことが問題となったことがある。

(msn産経ニュース)


これのどこが「被災者の気持ちを逆なで」なんだろう。

誰が「傷つけられた」と言って批判しているのか、この記事からは全く分からないねえ。

「セシウムさん」事件と同列に語るのもぶっ飛んでいるけど、まあ、産経のニュースならこんなものか。


MOX燃料 ウラン燃料の5倍割高

MOX燃料 ウラン燃料の5倍割高

 使用済みの核燃料の一部を再利用するウランとプルトニウムの混合酸化物(MOX(モックス))燃料の1トン当たりの平均額は約12億7000万円で、通常のウラン燃料の5倍近くもすることが本紙の調査で分かった。

価格は各電力会社とも「具体的な契約に関係すること」として公表しなかったが、財務省の貿易統計や取材から判明した。


 再生したMOX燃料を原発で使うプルサーマルは、核燃料サイクル政策の柱の1つ。ウラン資源の節約につながるとされてきたが、コスト面で疑問符が付きそうだ。


 MOX燃料は国内で生産する能力がなく、フランスから輸入している。

2002年以降、中部、関西、四国、九州の電力4社が計5回にわたって輸入。貿易統計などによると、輸入量は計53・4トンで、金額は計約676億5000万円だった。

1トン当たりの単価は、多少のばらつきはあるものの、平均すると約12億7000万円となる。


 通常のウラン燃料の単価は、原子力委員会が昨年11月に公表した資料によると、同約2億7000万円。MOX燃料はこの約4・7倍という計算になる。


 MOX燃料が高額になるのは、使用済み核燃料からプルトニウムを抽出して再生するには厳重に管理された施設が必要で、加工費が高くつくことが大きい。


 MOX燃料を使う理由について、九電は「核燃料の再利用はウラン燃料の節約につながる。確かに割高だが、全体の燃料費に与える影響は大きくない」としている。浜岡原発(御前崎市)4号機のプルサーマル計画延期を決めている中電は「コメントは差し控えたい」としている。

(2012年3月8日中日新聞)



5倍ですか。

危険性が高いのは従来からわかりきっていたけど、その上費用が5倍かかるんですか。。。。


ここまでしてプルサーマルをやる目的は「核兵器をいつでも作る能力のある日本であること」なんだろうな。

たまには笑わないとね

twitterで流行っているネタで、最近の私のお気に入りです音譜


名作に一文字足すとややこしくなる


名探偵コナン→名探偵コーナン


アルプスの少女ハイジ→アルプスの少女ハイジン


男たちの大和→男たちの大和芋


天空の城ラピュタ→天空の茨城ラピュタ


老人と海→老人と海苔


人間失格→鳥人間失格


ぼっちゃん→ぼっちじゃん


マッチ売りの少女→マッチョ売りの少女


蟹工船→蟹エロ船


リア王→リア充王


ドラエモン→ドラクエモン


トップガン→トップがガン


ET→ETC


トイ・ストーリー→トイレ・ストーリー


そして誰もいなくなった→くそして誰もいなくなった


ロッキー→グロッキー


まけないで→なまけないで


デスノート→デブスノート


おくりびと→しおくりびと


・・・・


みんなうまい。よく思いつくなあ。。



玄海原発がこっそり試験使用へ

つい先日、こっそりと玄海原発に核燃料を運び入れていた九電が、またまたこっそり、着実に玄海原発再稼働へ向けて動いています。

原子力安全・保安院

の中の

3/1のお知らせ


九州電力株式会社玄海原子力発電所4号機の試験使用承認についてとあります。

プレス発表すらせずに、一方的なお知らせのみ。

しかも、九州電力側のHPには、これに呼応するお知らせは見当たりません。

あくまでもこっそりと再稼働を狙っているようです。


このままでは、なし崩し的に再稼働されてしまいます。

危機感を持った方は、どうか抗議のアクションを起こしてください。

九電、経産省、佐賀県宛てに、メール、FAX、電話、なんでもいいと思います。

このままま押し切られるのは悔しすぎます。

電気料金値上げと原発再稼働を条件にメガバンクらが東電に融資するらしい

TBS-news

東電融資、銀行団が了承へ


 3メガバンクなどの銀行団は、7日までに東電への融資を了承する方針を固めたことが関係者への取材で分かりました。ただ、今回、融資総額1兆円のうち半分の5000億円の融資を要請されている日本政策投資銀行は、今月中旬まで検討を続けることにしています。

 火力発電用の燃料代などにより資金繰りが逼迫している東電に対して、原子力損害賠償支援機構は銀行団に総額1兆円に上る融資を要請してきました。関係者によりますと、このうち3メガバンクや大手生保、それに大手信託は週明けから順次、取締役会を開き、7日までに東電への融資を了承する方針を固めたということです。

 ただ、今回半分の5000億円の融資を要請されている日本政策投資銀行は、東電の事業計画に不透明な部分が多すぎるとして、今月中旬までは検討を続けることにしています。

 また、機構は銀行団に対し、2012年度中の家庭用電気料金の平均10%の値上げや、13年度中の柏崎刈羽原発の再稼働などを前提にした事業計画を提示しているため、計画通りに実行されなかった場合、銀行団が態度を硬化させる可能性も残されています。(02日20:29)


東電融資、銀行団が了承へ


なるほど。

固い絆の運命共同体が、助け合ってる。

3.11までの日本を取り戻してまた皆で持ちつ持たれつ儲けようよ、ってわけだ。


ところで、火力発電用の燃料代がかさむって話は一見信憑性がありそうだし、実際そうなのかもしれないけど、ちょっと立ち止まってみれば、相当怪しい。


だって電力会社って、営業努力の体質が皆無なんだよ。

ゼネコン等の取引先にとって、言い値で仕事を発注してくれる極上客だよ。

それが、燃料を安く調達するために、今回俄かに努力を始めるとは思えない。


交渉相手だって、経費を消費者に丸投げできる夢のようなシステムの中に生きている日本の電力会社の事情は、よーくわかっていて吹っ掛けてくるはず。


東電が買い付けた価格と、他の各国の買い付け価格と比べて発表してからでないと、「燃料費がかさむ」なんて言ってほしくはないね。


もっとも、たかが燃料費のことで原発を再稼働するっていう話が、もともとあり得ないのはもちろんなんだけどさ。



プロフィール

きいとま

Author:きいとま
アメブロより引越してまいりました。
それに伴い、名前も きいろとまと から きいとま へ変更いたしました。
きいろとまと では「長い!」とのご指摘を受けましたのでw
改めて、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。