スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人員確保が難しいから(!)水漏れ対策を先送り

東電の水漏れ事故。まさか対策なしではあるまいと思っていたけど、そのまさかだった。
水漏れ事故のことは各社が報じているけど、「夏の段階から既に現場から指摘があったにも関わらず放置していた」ことを書いている社は少ないのではないか。


福島第一水漏れ 東電、凍結対策を放置
2012年1月31日 07時14分

 福島第一原発の配管などで凍結による水漏れが相次いでいる問題で、東京電力が昨年夏の時点で、冬季の凍結による配管破損の危険性を認識していたにもかかわらず、対策をせずに数カ月間放置していたことが三十日、東電などへの取材で分かった。 

 東電は三十日にも、浄化した汚染水を蒸発濃縮する装置付近など新たに四件の水漏れが見つかったと発表、発生件数は二十三件に上った。

 東電の説明では昨年夏、高濃度汚染水を浄化し原子炉の冷却に再利用する循環式冷却をより安定化させる方策を検討。その際、現場の作業員などから、今のうちに凍結防止対策として、配管に保温材を巻くことや、ヒーターを設置すべきだとの意見・提案があった。

 しかし、東電は作業員確保が難しいことなどを理由に、対策を先送りした。ごく一部で対策を始めたのは、既に冷え込んだ昨年暮れになってからだった。

 作業員らの指摘通り、寒さが本格化した一月八日に4号機使用済み核燃料プールの熱交換器で起きたのを皮切りに、水漏れが多発。いずれも保温材やヒーターがない配管で起きていることから、凍結による水漏れが確実視されている。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は本紙の取材に「凍結防止対策の必要性は認識していた。工事の準備は夏から進めていたが、水処理設備の安定化といった作業を優先した」と、先送りしていたことを認めた。

 今のところ、高濃度汚染水の漏出や原子炉の注水停止といった深刻な事態は起きていないが、廃炉にめどがつくまで長期安定の水循環は不可欠。東電は「パトロールを強化していく」としているが、冬季前に対策を終えていれば、水漏れの対応に人員が取られる事態も防げた可能性が高い。

(東京新聞)



上の記事には「作業員確保が難しいことなどを理由に」とある。
そういえば、12月から作業員の人数を「予 算 が な い か ら」1日あたり1000人減らす計画があったと聞いたが、どうなったんだろう。
11月の参院予算委員会で共産党の田村議員に質問された当時の細野さんと枝野さんは「そうはさせません」と言ってはいたので、まさか人数削減していないと思いたいが。。
でも、そのまさかを平気でやる政府と会社だからな。。。
根拠はこれ

2011年11月22日(火)

原発作業員削減を計画
東電1000人規模 事故収束に逆行 田村議員告発


 日本共産党の田村智子議員は21日の参院予算委員会で、東京電力福島原発事故の収束作業に携わる労働者を12月から1000人も削減する計画を明らかにし、「一刻も早い事故収束や、労働者の安全・健康管理にも逆行する」と追及しました。


--------------------------------------------------------------------------------

経産相 “責任を厳しく追及”


(写真)質問する田村智子議員=21日、参院予算委員会

 野田佳彦首相は「事故の確実な収束のために必要な人員確保や、健康管理に十分配慮しなければならない」と答えました。

 東電の計画は、12月に1日約3000人の作業員を2000人に削減するもの。関連企業が人員削減に乗り出し、熟練労働者が減らされています。

 田村氏は、日立の現地所長が「東電の予算がないから12月から作業員を半分に減らす」と言って、日立系列で300人から70人に削減すると通告したという下請け会社の告発を紹介。「本格的な事故の収束はこれからだ。日立はまさにその中枢に関わる作業をしているはずだ。許していいのか」とただしました。

 細野豪志担当相は削減計画について「初めて聞いたので確認したい」とし、「作業が滞ることがあってはならない」と答えました。

 田村氏は「工具も足りないのでドライバー1本さえ取り合いになっている」など、物品まで削られている実態を示し、東電の無責任な姿勢を批判。

 その上で、労働者の被ばく線量をできるだけ低く抑え、適切な休養を保障することは不可欠であり、3分の1も減らすなど到底許されないと強調しました。

 枝野幸男経産相は「必要で能力の高い人をやめさせるようなことがあれば責任を厳しく追及する」と答えました。

 田村氏は、東電に直接、削減計画を確認していたのに、予算委員会開会直前に説明を翻したことをあげ、「まったく信用できない。厳しく監督・指導すべきだ」とのべました。

スポンサーサイト

野田総理、ダボス会議で「消費税引き上げます」

野田首相:ダボスのテレビ会議に出演、消費税増に意欲

中継でダボス会議セッション「危機の時代の困難な選択」に参加するため、都内のスタジオで準備する野田佳彦首相=東京都渋谷区で2012年1月28日午後4時54分、須賀川理撮影 野田佳彦首相は28日、スイス・ダボスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に衛星中継によるテレビ会議方式で参加し、「持続可能な社会保障制度を構築し、財政規律を維持するため、消費税引き上げを含む改革を必ずや実現する決意だ」と強調した。日本の首相がダボス会議のテレビ会議に出演するのは初めて。

 テレビ会議にはカルロス・ゴーン日産自動車社長らが出席。首相は電力需給の逼迫(ひっぱく)を「イノベーションを呼び込むチャンス」とし「再生可能エネルギーの拡大、蓄電池など効率的なエネルギー管理システムの推進によって引き続き世界のグリーン経済への移行に大きく貢献していく」と訴えた。
(毎日JP)

まさかの「収束宣言」で世界をあきれさせた野田首相が、今度は国際会議で「消費税引き上げます」って。。。
内政問題を語る場ですかね。
それに、あなたは消費税に命を懸けるらしいけど、国民は納得していませんよ。
どうしてそういうことを、外国で発言するの!?
国民が何を言おうが、引き上げるぜっていうつもりなんだね。

悲しい話

来月も漁の再開を断念 県漁連
2012年1月28日 |

2月の漁再開を断念した県漁協組合長会  県漁連は27日、いわき市の県水産会館で県漁協組合長会を開き、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴い、2月も引き続き漁再開を断念することを決めた。
 自粛するのは県機船底曳網漁業協同組合連合会、いわき市漁協、相馬双葉漁協、小名浜機船底曳網漁協の一部。モニタリングで魚介類などから放射性物質が検出されていることや仲買人などを含めた販売経路の見通しが依然、立たないことなどを理由にしている。
 組合長会では、県水産試験場や水産総合研究センターの担当者がモニタリングの結果を報告。県は昨年5月から調査している四倉沖の海底土壌の放射性セシウムについて、徐々に沖合に拡散していることをあらためて示した。
 県漁連の野崎哲会長は「各漁協の申し入れで2月も漁を自粛する。福島の漁業の灯を消さないためにも現場の声を聞きながら漁再開を模索したい」などと語った。

福島民報

海で魚を獲ってこその漁師。
でも。
再開は、来月か、再来月かという話ではなくて、もっともっと長いスパンの話だと思うよ。。。。。
残酷なことだ。


日本の農産物を輸入することに対する諸外国の措置

http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kensa_0127.pdf
農水省のHPです。

アジア、オセアニア、EU、アメリカなど諸外国の、日本の農産物に対する措置が列記されています。

輸入停止をはじめ、産地県証明書の要求、放射性物質の検査証明書の要求、自国での検査実施などなど。
「日本からの輸入品には気を付けないとね」と言われています。
日本国内で「安心安全」として出回っている農産物を諸外国はこういう目で見ているのです。

この事実をマスコミは報じません。
「食べて応援」キャンペーンに反しますからね。
そして、「食べて応援」とは誰を応援することになるのかというと、被災農家への賠償を低く抑えたい東電なのです。

たまには明るい話題を

どっちを向いても胸がふさがる思いの募る昨今ですが、希望を見つけられなければ気持ちがもたない。

今回は、イイコトを書こう音譜

経産省前のテントが昨日、強制撤去されなかった。
私は経産省や枝野氏事務所に抗議のメールとファックスを送りながら、心配でたまらなかったけど、まあとりあえずはホッとした。
「現段階では、強制撤去は行わない」
という、非常にビミョーな言い方をされているので、引き続き注視しなければ危ないけどね。

もうひとつ。
身内の勤める会社が脱東電するかもしれない。
これについては、ブログで書くことではないので、これ以上書けないのが悔しい。
実現してほしいなあドキドキ

「子どもに新聞を読ませよう」だって

学校図書館を新聞で活性、購読費を国が予算化
読売新聞 1月27日(金)1時26分配信

 言語活動の充実を求める新しい学習指導要領の実施で、学校図書館を活性化させる動きが始まっている。

 国は来年度から全小中学校の図書館に新聞を届け、司書の配置拡大も後押しする。新聞と司書教諭らが、相乗効果を挙げた学校も現れている。

 相模原市の鵜野森中学校の図書室には、1日約50人の生徒が本を借りに来る。「貸し出しや返却の受け付けで忙しくて、好きな野球関係の本も読む時間もない」と、広報委員長の2年生。放課後も10人以上が集まり、司書と談笑していた。

 図書室のショーケースに、最近の新聞記事が展示されていた。なでしこジャパンの記事から、内閣改造、遺跡まで10本以上。なでしこの記事には、沢穂希選手を紹介した本を添えてある。非常勤の司書が週2回以上、記事を替えている。

 「新聞には、面白い記事が載っているというのを知ってもらい、ニュースに関連した本に興味を持ってもらうためです」と、司書教諭。

 総合学習、国語、社会、理科から美術まで、ほぼ毎日、図書室で授業がある。放射能、地震関連の本や東日本大震災後の新聞や縮刷版も用意されている。

 指導要領には「新聞の活用」が盛り込まれたが、文部科学省によると、図書館に新聞がある学校は2010年に、小学校で約17%、中学校で約15%にとどまる。

 このため、文科省は12年度から始める「学校図書館図書整備5か年計画」などで、全国のすべての小中学校と特別支援学校に新聞1紙を置く予算(年15億円)を確保した。 最終更新:1月27日(金)1時26分

以上ヨミウリオンライン

15億円かけて、政府御用偏向報道の大新聞を小中学生に読ませようってわけですね。
新聞業界を懐柔できるわ、子供を洗脳できるわ、一石二鳥ってわけですね。
この政府のやることといったら、何から何まで、気持ち悪く、悪辣だ。

「世界でも例のない試み」!?

住民の帰還、実現できる=「世界でも例ない試み」―細野環境相2012年1月26日19時6分



 除染工程表の発表に伴い、細野豪志環境相は26日夕、「除染の目的は避難されている住民の方々に一日も早く帰ってきていただくこと。世界でも例のない試みで、わが国の底力が問われるが、さまざまな壁も必ず乗り越えることができる」と述べ、帰還実現へ決意を示した。環境省内で記者団に語った。

 同相はこの中で、工程表について「当初は年度末ぐらいにということでやってきたが、市町村からの要望があったので、大幅に前倒しして(除染の)基本的な考え方をまずお示しした」と説明。今後市町村と協議しながら、今年度末をめどに特別地域内の除染実施計画を発表する考えを表明した。 


[時事通信社]

精神論は結構!
人の住めない所に自国民を住まわせようなんてことが「世界でも例のない試み」なのは当たり前じゃボケ!
被災者をあなたの自己満足のために被曝させるなボケ!

WSJ紙「管直人氏が反原発活動家として戻ってくる」

いろいろ言われていますが、私は管氏支持です。
オール原子力村に邪魔される中で、脱原発を提唱し、少なくとも浜岡原発を止めましたから。
その管氏が本日付web版ウォールストリート・ジャーナルで取り上げられています。

Japan's Ex-Premier Turns Anti-Nuclear Activist
Former Japanese Prime Minister Naoto Kan returns to the world stage this week as a global antinuclear activist nearly a year after he oversaw his government's widely criticized handling of the Fukushima Daiichi accident.
http://asia.wsj.com/home-page?refresh=on

管氏はインタビューの中で、事故直後に何を思ったか語っています。
本物は動画を見ていただきたいのですが、大体の内容を書き出します。

(管氏)
見えない敵ですけれども、日本の領土を3/1、半分を奪われていく、しかもその影響は他の国に及ぶわけです。
(それなのに)危険ですから近寄れませんといって、その影響がどんどん及んだ時に、他の国は日本を主権のある国として認めることができなくなるのではないか、そのときにどういう行動をとるかということを、私は頭の中で考えました。
この問題は単に撤退するとかしないとかじゃなくて国そのものの存続がかかっていると思いました。


(私の感想)
サラリと話していますが、的確で重要なことを示していると思います。
原発事故を処理できずに影響を拡大させるような国など、国際社会から主権のある国として認められる資格がないのです。
「他の国がその時にどういう行動をとるか」とは、いろんな意味での介入、ひょっとしたら侵略という意味でしょうか。
もっともな心配だと思います。


(管氏)
原発に頼らなくてもやれるということを示したい。
他の国にも、原発をやめたほうがお互いいいんじゃないの、と言えるモデルを示したい。
今のルールは核兵器への転用を抑えるということにとどまっているが、そうではなくて、原発を無条件に主権に任せていいのか、ビジネスに任せていいのか、核兵器に転用しなければ、平和利用であればいいのかということを改めて問題提起していきたい。


(私の感想)
管さんが総理大臣を辞したのは痛かった。総理大臣として、原発のない国への道筋をつけてほしかった。
野田内閣になってここ最近は、原子力村の巻き返しがすごいじゃないか。
停止中の原発を再稼働させようと必死。
反原発の声の火消しに必死。





福島の子どもの医療費無料化を早々に断念だって

福島の子の医療費無料化を断念 首相、財源困難と判断関連トピックス原子力発電所 野田佳彦 東京電力

 野田佳彦首相は、福島県内の18歳以下の医療費無料化を断念する方針を固めた。福島県からの要請を受けて検討する考えを表明していたが、財源確保が難しいと判断した。近く県側に伝える。

 東京電力福島第一原発事故の影響で子どもの放射線被曝(ひばく)への懸念が強まっており、福島県の佐藤雄平知事が無料化を求めていた。県外への人口流出を防ぐねらいもある。首相は今月8日に福島県を訪れた際、「政府内でしっかり検討したい」と表明していた。

 野田政権は必要な経費を年間100億円弱と試算したが、医療費が膨らむ可能性も指摘されていた。政権内で検討した結果、無料化で増える受診に対応する医師の確保が新たな問題点として浮上。福島県外の住民との公平性からも難しいと判断した。復興対策本部の幹部は「額はそれほど大きくないが、風邪などの医療費も含めて福島だけ無料にする説明がつきにくい」と話す。

asahi.com


まあ、そもそも佐藤雄平知事の狙いは県民の囲い込みなのだろうし、心配してるのは子どもの健康ではなくて税収なのだろうから、医療費無料化なんてあんまり大事なところではない、とは思う。
大事なのは避難することだもんね。

でも、政府ったら、諦め早かったね~。
それも、財源確保が難しいだなんてさ。
財源がないっていう問題じゃないでしょ。
優先順位が低い案件と判断しました、ってことなんでしょ。


石油の国の脱石油

今夜のテレビ東京の番組で取り上げていた中東の国アブダビ!

オイルマネーで潤っている国だけど、脱石油のエネルギー政策が半端なく強力だ。
10万人規模の都市の電力を、自然エネルギーで賄うんだそうだ。

原発がなければ停電するとか企業が海外流出するとか、どこかのお爺さんが言ってるけど、どんだけ過去の遺物にしがみついてるんだか、って率直に思ったよ。

新築マンションから放射能

福島テレビより

二本松市の新築マンションから放射性物質
二本松市のマンションのコンクリートから比較的高い放射線が確認され環境省ではコンクリートに放射性物質が混入したまま工事が行われたと見て調べています。問題が発覚したのは二本松市で去年9月に建設されたマンションです。環境省などによりますと先月27日、マンションに住む生徒が身につけていた積算線量計が3ヶ月で1・5ミリシーベルトと高い値を示したことから二本松市が周辺の調査を行いました。その結果マンションの基礎部分のコンクリートから毎時1・4マイクロシーベルト前後、室内からも1・2マイクロシーベルト前後が確認されたと言うことです。環境省ではコンクリート内に放射性物質が混入したまま工事が行われたと見て施工業者から事情を聞くなど確認を進めています。

更新日:2012年01月15日(日)
http://www.fukushima-tv.co.jp/news/index.php?no=0195490

やっぱりこうなった・・・
台湾でだったか、不法投棄された放射性物質を含んだコンクリートでできたマンションの住人に次々と白血病が発生した話を以前youtubeで見たときに、日本でもいずれ起きると思っていた。

これはセメント協会の5月時点での告知というかお願い

放射性物質が検出された下水汚泥、浄水発生土のセメント原料の利用について



東京電力株式会社の福島第一原子力発電所の事故により、東北地方、関東地方などの下水処理場の下水汚泥または浄水場の発生土から放射性セシウムが検出されていることが報道されております。
セメント業界は循環型社会の構築に貢献すべく、種々の廃棄物をセメント原料の一部として利用しておりますが、その中に下水汚泥または浄水発生土も含まれております。
ここに、放射性物質が検出された下水汚泥、浄水発生土のセメント原料の利用について、セメント業界の対応状況、健康への影響評価に関する情報、セメントの放射能濃度の実態について概要をお知らせ致します。
放射性物質が検出された下水汚泥、浄水発生土のセメント原料の利用について、皆様のご理解をお願い申し上げます。

http://www.jcassoc.or.jp/cement/1jpn/110728.html

そしてこれは環境省からの笑えないクリスマスプレゼント

汚染コンクリ再利用で基準=3000ベクレル以下で可能-環境省
 環境省は25日、専門家による災害廃棄物安全評価検討会を東京都内で開き、東日本大震災に伴い福島県内で発生したがれきのうち、放射性物質で汚染されたコンクリート片の再生利用に関する新たな基準を提示した。放射性セシウムの平均濃度が1キロ当たり3000ベクレル以下であれば、一定の防水対策を講じることで道路や防潮堤の整備での活用が可能との見解を示している。
 新たな基準は、災害廃棄物の積極的な再生利用を目指す放射性物質汚染対処特別措置法が来年1月から施行されるのを前に、大量のがれき処理に悩む福島県の要望を受けて検討。主に同県で発生したコンクリート片を県内で再利用するケースを想定した。
 基準設定では、日本原子力研究開発機構の影響評価結果を基本に据えた。具体的には、追加被ばく線量を年間10マイクロシーベルト以下に抑えるため、道路や防潮堤を整備する際には、水を通さないアスファルトなどで地表から30センチ分の保護対策を講じれば、問題がないとしている。(2011/12/25-18:56)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201112/2011122500107&g=soc


そしてなにより、唖然とする事故対応の杜撰さ。
水や空気や食べ物だけじゃない、身の回りのすべてを疑ってかからなくてはならなくなった。
プロフィール

きいとま

Author:きいとま
アメブロより引越してまいりました。
それに伴い、名前も きいろとまと から きいとま へ変更いたしました。
きいろとまと では「長い!」とのご指摘を受けましたのでw
改めて、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。