スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産学共同!福島安全アピール事業

「福島」来て見て語って 福大生ツアー企画

http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000001205100005

●ありのまま伝え「共感を」

 福島の姿、来て見て語って――。福島大学が国内外の学生30人を県内に1週間招待し、日常の暮らしや復興の様子を見てもらう研修ツアーを6月に行う。

「福島のありのままが正しく伝わっていない」との思いからだ。


 県外から10人、海外から20人の大学生らを募る。温泉旅館や民家に泊まりながら、福島市、南相馬市、飯舘村などを訪問。農家や観光関係者、県外で子どもの短期滞在を支援する市民らから話を聞く。

放射線量測定を体験したり、仮設住宅の避難住民と交流するボランティアに加わったりもする。


 運営は福島大の学生が担う。行政政策学類の大黒(だいこく)太郎准教授の研究室を中心に学生10人の実行委員会が発足した。

ツアーの期間中、世話役を務め、原発事故やその影響を説明する授業も行う。


 実行委代表の一人、3年の松本学さん(20)は「県外の人と話すたびに、福島の現状の一部だけが過度に伝わっていると感じる」と話す。

3月に他県に研修旅行した際、出会った人たちから「福島で生活できる?」「早く出た方がいい」などと言われ、驚いた。

「普通に働き、食べ、日常生活を送る福島の姿が知られていない。心配していただくのはありがたいが、ありのままを知ったうえで、不安に共感してほしい」


 3年の曽田めぐみさん(20)も昨年夏に行ったドイツへの研修旅行で「原発事故は報道されても、福島の人の生活が伝わっていない」と感じた。「まったく人が住んでいない印象さえ持たれている。

直接見て、伝えてもらうことで、偏見ではなく共感が生まれると思う」と話す。


 大黒准教授は「福島を復興させるには、福島の実像を知る内外の人のネットワークが重要。

ツアーを通じた学生同士のつながりがそのきっかけになればいい」と語る。


 海外からの参加者は提携大学などを中心に呼びかける。

国内外とも「福島の現状に情報や関心を持つ人」が条件で、参加動機の簡単なリポートとともにメールで申し込む。約250万円の費用は福島南ロータリークラブからの寄付金で賄う。

応募方法は同クラブのホームページ(http://www.inaka.ne.jp/~f-southrotary/)に掲載している。(渡辺康人)


「福島で生活できる?」「早く出た方がいい」などと言われ、驚いた。!?!?

驚いたと聞いて驚いたわい。

彼ら学生は、チェルノブイリ事故関連の報道を調べたことはないのか。

福島原発事故関連の、外国メディアの報道に接したことはないのか。

パソコン禁止令でも布かれているのか。

それともすべて知っていて、立場を全うしているのか。官僚のように。


わけわからん。


さてお金を出している福島南ロータリークラブの会員は以下の通り

http://www.inaka.ne.jp/~f-southrotary/meibo/meibo.htm

コピペしようとしたけど文字制限をオーバーしたらしく、できませんでした。


スポンサーサイト

高浜原発が2/20に全停止した若狭湾では南方系の魚が死滅していた

高浜原発:南方系の魚、死滅か 停止後、温排水止まり 若狭・内浦湾

http://mainichi.jp/select/news/20120518mog00m040021000c.html

2012年05月18日

 関西電力高浜原発(福井県高浜町)がある若狭湾内の内浦湾で、原発稼働中は多数確認できた南方系の魚介が、停止後はほとんど見られなくなったことが、京都大フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所の益田玲爾(れいじ)准教授の調査で分かった。

原発からの温排水が止まったためとみられ、原発が生態系に与える影響の大きさが明らかになった。


 益田准教授は04年以降、毎年1月下旬から3月上旬にかけ、高浜原発の放水口から北東約2キロの内浦湾内▽隣接する京都府舞鶴市の舞鶴湾内▽同市沖の外海の3地点で、生息する魚介の種類を定点観測。

その結果、内浦湾は他の2地点より平均水温が約2度高く、冬場に舞鶴湾などにはほとんどいないソラスズメダイなど十数種の南方系の魚介を確認。局地的な温暖化の状態で、南方系生物の生態系ができていたという。

2月20日に高浜原発3号機が定期検査に入り、全4基停止後に調査したところ、内浦湾では南方系の魚介は確認できず、毒ウニのガンガゼはトゲが抜け落ち死滅。

サンゴ礁域に多く見られるマガキガイなども衰弱していた。調査結果は7月にノルウェーで開かれる国際仔稚魚(しちぎょ)学会で発表する。【岡崎英遠】


原発から出る温排水が海の生態系にどれだけ影響を与えていたかを示す、一つの事実ですね。

二酸化炭素温暖化説を唱えていた輩は


南方の魚が日本の海域にまで北上している!

生態系が壊れる!地球の危機!

悪いのは二酸化炭素だ!

二酸化炭素を排出しないクリーンな原子力発電を(発電以外の部分ではたくさん排出するのは内緒!)


と声高に主張して、子どもに学校で教えていたんですよね(´Д`;)

今すぐに誤りを認めて訂正していただきたいです。

ま、文科省がするわけないですがね。

タイトル変更いたしました

最近原発廃絶のことばかり思っている私。


お腹がすいた。それにつけても原発廃絶。

今日は午後から雨かな。それにつけても原発廃絶。

昔セザンヌの真似をして絵を描いたっけ。それにつけても原発廃絶。

iPhoneの充電が切れそうだ。それにつけても・・・


だんだん、ポエニ戦争のときのマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウスみたいになってきたので、タイトルもラテン語でお洒落に決めてみたい誘惑にかられましたが、危ないところで自重いたしました。背伸びしたら自分が苦しくなるもんね。


よろしくお願いいたします。


wikiより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%AC%A1%E3%83%9D%E3%82%A8%E3%83%8B%E6%88%A6%E4%BA%89

特に主戦派のマルクス・カトーは元老院でどんな演説をしても、「ところで、カルタゴは滅ぼされなければならない (Carthago delenda est)」の言葉で締めくくった。


安全な食品を選ぶ権利を奪うなボケ!

私は、放射性物質の独自検査をしている食材宅配業者から主に食材を調達しています。
多少食費はかさむけど、今はそんなことを気にしてる場合じゃない。
なにしろこの国の政府は、国民を守ろうという視点が皆無なのだから。

と思っていたら、これだ!


食品検査、独自基準やめて…農水省が通知



食品中に含まれる放射性セシウムの検査で、国の規制値より厳しい独自基準で検査をする動きが広がっているとして、農林水産省は20日、食品関連の270団体に、国の規制値に基づく検査を求める通知を出した。

同省は「独自基準は、国の新規制値を形骸化させる」としている。


 国は4月から、暫定規制値(一般食品に含まれるセシウム1キロ・グラム当たり500ベクレル)を改め、新規制値(同100ベクレル)を導入。ただ、一部の食品スーパーや消費者団体などは「消費者により安全・安心を届けたい」として、100ベクレルよりも厳しい規制値を独自に設けている。通知は「過剰な規制と消費段階での混乱」を避けるため、新規制値に基づく検査を要望。規制値は世界的にも厳しい基準であることを強調している。


2012年4月21日13時55分 読売新聞)





悪いけど、食べて応援が重要命題の農水省の言う安全です信じられない。
放射性物質の取り込みはできる限り少なく抑えたい。
そのニーズに応える生産者や販売者が増えてきたのは当然の成り行きだ。
なにがいけないのさ!

農水省は、安全なものを求める消費者の行動と市場の自由な競争を規制するのか?!
越権行為じゃないのか?!
そもそも通達という形でこんなことができるのか!?

チーム仙谷が再稼働主導

今日の東京新聞一面トップ「チーム仙谷」再稼働主導 首相閣僚4者会議 形だけ

関西電力大飯(おおい)原発の再稼働問題で、野田佳彦首相と関係三閣僚が頻繁に会合を開き、議論している。だが、再稼働問題は実質的には仙谷由人党政調会長代行が中心となる通称「五人組」が、水面下で議論を仕切っている。そして首相らの四者の協議は、それを追認するような形だ。まさに政府・与党、さらに財界、霞が関が一体となって「再稼働ありき」を進めようとしている構図が浮かび上がる。(城島建治、関口克己)

やっぱり仙谷だったか。
大阪を広域停電させるしかないとほざいたのも?
プロフィール

きいとま

Author:きいとま
アメブロより引越してまいりました。
それに伴い、名前も きいろとまと から きいとま へ変更いたしました。
きいろとまと では「長い!」とのご指摘を受けましたのでw
改めて、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。